肝機能障害 治療法

肝機能障害になったときの治療法

基本的には肝機能障害になってしまったら治療法はありません

これは病院に入院しようとも同じです。

しかし、根本的に治療を行うのではなく、消化を助けるためにウルソという消化を助ける薬を飲んだり、胃腸の働きが低下していたら胃腸の働きを向上させるものなどを用いるなど、対症療法的な治療法は存在します。

なので、肝機能障害を引き起こしてしまった場合には、安静にしてしっかり休養しながら、適度な栄養を摂取するということを心掛けるようにします。

肝臓はストレスや運動不足などで血流が悪化することと、仕事が増えすぎることを嫌います。

よって、ストレスから遠ざかり常にリラックスするように心がけることと、適度に運動を行い筋肉を刺激すること、化学薬品や添加物、健康食品、食べ過ぎなどで肝臓の仕事を必要以上に増やさないということなどを心掛けるようにします。

要するに、肝臓の仕事量を減らしてリラックスして生活することが、一番肝臓の薬になるということです。

よく少しでも良くなりたいという思いから沢山の漢方薬や健康食品、サプリメントなどを個人的に購入して服用する方がいますが、これら全て体に摂っては異物なので肝臓の仕事を増やすということになります。

なので、本当に知識のある方に勧められる以外はあまり色々なものを摂取しないようにした方が無難です。

肝機能の生涯を起こしたらサプリではもう手遅れです。

必ず病院で医師の診察の元、治療のプログラムを受けるようにしてください。