1週間の禁酒がもたらす肝臓への効果

1週間の禁酒効果

1週間の禁酒

一週間の禁酒効果は人それぞれです。

アルコール性の肝炎であれば禁酒をすることで少なからず効果は表れます。しかし、禁酒を1週間しても効果がでないという人もいます。

お酒を飲まないもしくは飲む量は平均的という方はアルコールではなく食生活が原因で数値が悪いことを疑った方が良いでしょう。

その他に、

  • 肝臓障害がある
  • 数値が200を超える

という方は1週間程度では足りず1ヶ月以上の禁酒が望ましいです。

モニター募集

※当サイトの特別価格です(他サイトからの申込は2,980円)。定期コースはいつでも解約可能!1日34円で肝臓対策をしてみませんか?

1週間の禁酒効果がある人

1週間の禁酒効果がある人はアルコールによって数値が悪くなっている人です。

正常なγ-GTP数値は男性で10〜50、女性が9〜32です。正常値以上〜100未満であれば1週間の禁酒で数値が改善する人は多いです。

まずは1週間の禁酒をし、数値が正常値になったら休肝日をつくって維持するようにしましょう。

1週間の禁酒効果がない人

禁酒を1週間して全く数値が改善されない人は食生活が影響している可能性が大!

  • お酒を毎日飲むことはない
  • お酒を飲む量が平均的

という方は炭水化物の摂取過多や脂っこい食べ物で肝臓がヤラれているかもしれません。

  • 既に肝臓障害がある
  • γ-GTPが200を超える

そんな方は1週間では限定的で効果が表れない可能性があります。

まずは数値が100を切るまでは禁酒をするようにしてください。肝臓は病気になってからでは遅いことを十分に認識すべきです。

禁酒がどうしても続かないなら、

  • 飲む量を減らすようにする
  • ビールではなくウイスキーにする
  • 1週間に3日は飲まない日を作る

ことから始めてみてください。

禁酒を続ける重要性

肝臓に疾患が発生している場合やγ-GTPの数値が200以上の方は、1週間といわず定期的な禁酒が必要です。

よく「1週間禁酒したからもう大丈夫だ!」といわれる方がいますが、無茶な飲酒は間違いなく肝細胞を破壊します。

※ここでの無茶とは酔わないとか吐かないということではなく、体に対して無茶な飲酒です

そのことをしっかり頭に入れて、その後の飲酒の習慣をどのようにしていくのかを考えてましょう。

お酒を定期的に飲むと、

  • 肝臓の仕事が増えること
  • アセトアルデヒドという毒性物質が蔓延すること

で肝臓が疲弊して肝機能が悪化します。

そのため当然それらの原因であるアルコールが入ってこないと、肝臓の負担が著しく低下しますので肝臓の状態は良くなります。

少量のお酒は体に良いとか自分を正当化しないようにしてくださいね。(これ過去の私でこんなことを言っている人は間違いなく禁酒できませんので)

禁酒効果の目安

1週間の禁酒効果として「γ-GTP」と「飲酒量」による目安を記載いたします。

あくまで目安になりますが参考にしてみてください。

1週間の禁酒効果「適度なお酒とγ-GTPが正常」

毎日はお酒を飲まないし、γ-GTPも正常なら特に今の生活を崩す必要はありません。もしも今の状態でγ-GTPの数値が悪化した場合は食生活を見直しましょう。

脂っこい料理や減塩を心がけるといいです。その他、サプリメントで補うなど工夫するといいでしょう。

1週間の禁酒効果「ビール500mlとγ-GTPが101以上」

毎日500ml以上の飲酒をする方なら1週間の禁酒で肝臓の働きが向上すると考えられます。

また、γ-GTPの数値も下がりますし、定期的に禁酒することで、その後もいい状態を維持できると考えられています。

但し、γ-GTPが200以上なら定期的な禁酒やサプリメントの摂取などで肝臓を休めましょう。

1週間の禁酒効果「ビール1,000mlとγ-GTPが200以上」

1日に500ml缶を4本以上飲み、γ-GTPの数値も異常なら1週間の禁酒ではなく定期的な禁酒が必要です。

具体的には1週間に2〜3日の休肝日+食生活にも気をつけましょう。肝臓に良いとされるDHAなどを含む食品を食べるなど意識して肝臓をいたわってください。

このように1週間の禁酒による肝臓への効果はケースバイケース(肝臓機能の状態)でまちまちですが、やらないよりは間違いなく肝臓にいい効果をもたらします。