タウリンは肝臓機能の改善に効き目はあるの?

タウリンの肝臓への効果はあるの?

よくドリンク剤の宣伝などでタウリン○○mg配合などと謳っていますが、そのタウリンも肝臓にも効果があると一般的にいわれているそうです。

しかし、本当にタウリンが肝臓に良いのか?は医学的な根拠はあるのでしょうか?

タウリンの効能とは?

医学的にタウリンというのは、アミノ酸から合成される必須の物質であり、不足すると様々な不快症状を引き起こします。
しかし、人間は体内で合成できる為にそれほど積極的に摂取しなくても不足することはないそうです。

そのタウリンの肝臓への効果ですが、

  • 胆汁の分泌を良くする効果
  • 肝細胞の再生を促進させる作用
  • 細胞膜を安定させる効果
  • 精神を安定させる作用

などが認められています。

これら作用により肝臓の働きを安定させることにより効果を発揮していると考えられます。

しかし、大量に服用した分が全て肝臓に作用して効果を発揮するかというとそうではなく、適量のタウリンが常に体内にあることによって、肝臓の恒常性を保つのに有効だという程度に効果の方は留めておくべきだと思います。

結論として、タウリンは体になくてはならないもので肝臓の機能維持、改善に効果的ですが、それはあくまでも恒常性の維持であり、大量に摂取すれば肝機能障害や肝炎などを改善できるというものではありません。

肝臓が悪い人にとっては特段の事情がない限りタウリンでどうこうする必要はないと思います。
むしろ、もっと肝臓機能をサポートしてくれるサプリを摂取すべきでしょう。