肝臓や高血圧に処方される薬の効果と副作用とは?

肝臓や高血圧の薬

薬には効能や効果があり、それにより各種疾病に効果をあげています。
しかし、薬には大なり小なり副作用というものがあり、使ってみて初めて認められる副作用などもあります。

一般的に用いられている薬の中で、比較的多く処方されている薬として高血圧の薬があります。
正に現代病ともいわれている高血圧は、年齢がいくと非常に多くなる疾患の一つです。

その高血圧の薬を服用することによって、肝臓の機能を低下させてしまうものもあるようです。

薬というのは大半が化学薬品であり、代謝されて尿として排出されます。

その代謝を担っているのが肝臓という臓器なので、どんな薬であろうと肝臓への負担を増やしてしまい、薬によっては肝臓の機能を低下させてしまうものもあります。

これは何も高血圧の薬だけがそうなのではなく、全ての疾患に用いる薬にいえることであります。

薬の副作用

万が一、薬を服用していて

  • 身体がだるい
  • 食欲不振になる
  • 吐き気がする

などの症状が出れば、速やかに担当の医師に相談して、検査したり薬を変更したりして対処する必要があります。

最後に、薬の副作用が出たからといって個人で勝手に薬の服用をやめるのではなく、必ず担当の医師と相談して、持病の度合いと副作用とを天秤にかけて微妙に体の調整を行いながら薬を調整するようにします。