肝臓、動脈硬化、中性脂肪の改善に効果のある「EPA」

中性脂肪が影響する病気

人間の体はエネルギーを過剰に摂取すると、その余剰分を中性脂肪として蓄えようとします。
中性脂肪が血中に多くなりすぎると、それが血管壁にこびりつき動脈硬化の原因になります。

EPAの効果

EPAの効果は、中性脂肪を減らし動脈硬化を予防するということ。

EPAはその血中に多く混ざっている中性脂肪を回収して肝臓に送るという役割をしています。
また、血小板凝集を抑制して血液自体の流動性を向上させるということも分かっています。

そのため脳梗塞や心筋梗塞などの血管性の疾病を予防する効果が期待されています。
その他、EPAには花粉症やアトピーなどの炎症性の疾患にも効果があることが分かっています。

EPAを含む食べ物

EPAを多く含む食材としては、

  • あん肝
  • すじこ
  • さば
  • いわし
  • ぶり
  • さんま

などが挙げられます。

EPA・DHAとよく混同されがちですが、この両者似ていますが別な物です。
中性脂肪を下げるのがEPAで、脳関門を通過して脳の構成成分となるのはDHAであるという大きな違いがあります。

どちらか一方を摂取するのではなく、なるべくEPA、DHAをバランスよく摂取することが求められるようです。