肝臓、動脈硬化、中性脂肪の改善に効果のある「DHA」

DHAの効能と食品

DHAの効能としては、主に血液の流動性を良くして末端まで血液が流れるのを助けるという作用や、動脈硬化の原因となる中性脂肪や悪玉脂質などを回収して肝臓を正常に戻すという働きがあります。

また、脳の6割は脂質で構成されていて、その機能を健全なものに保つにはDHAが必要不可欠だとされています。
DHAは脳関門を通過して脳の構成成分となるばかりか、シナプスなどを柔軟にして情報伝達をスムーズにしたりして、脳の機能を健全なものとするのに重要な働きを果たしています。

このような体に摂って重要な役割を果たしているDHAを多く含む食品としては、

  • まぐろ
  • かつお
  • あじ
  • さば
  • いわし
  • ぶり

などの背中が青い魚が挙げられます。

これら青魚は、昔から海に囲まれている日本人には不足することない栄養素でした。
しかし、近年の食の欧米化により、ω6系の動物性脂質が多くなってきたことと反比例して、段々と摂取量が減少しているようです。

DHAは不飽和脂肪酸と呼ばれ、ω3系の脂質として分類されています。
ω3系の脂質は体にとって必須だとされており、不足すると脳の機能が低下したり、血管や細胞に脂質が沈下して動脈硬化などが引き起こされたりします。

そのため、それらを改善・予防する意味でも普段から青魚を摂取して、体内のDHA濃度を高めておくということが大事になります。
最近ではDHAのサプリも多く発売されていますので、手軽に摂取することも可能です。